So-net無料ブログ作成

平均台の挑戦! [ゆき]

朝は雨が降っており少し寒い日となりました。しかしお昼に近づくと雨も止み時折太陽が顔を出す時間もありました。
朝から元気いっぱいに登園してくる子ども達。最近はお人形遊びが上手になってきた雪組さん。抱っこしたり、なでなでしたり、ミルクを飲ませたり、布団を掛けてあげたりとしっかりお世話をしています。また以前は一人遊びが多かったのですが、少しずつ友達と一緒に遊ぶようになりました。「〇〇くんこれあげる」「こっちで遊ぼう」と声を掛け合う姿が多く見られるようになり、その光景がとても微笑ましいです。
朝の会では、卒園修了式で歌う「思い出のアルバム」を歌いました。6番まで歌詞があるので、歌うのは難しいのですが、繰り返しの歌詞の所を覚えて一生懸命歌っています。歌の中でも一番元気に歌えるのが、4月から歌っている「たかおこども園の園歌」です。0歳児クラスの子ども達も大きな声で元気いっぱいに歌ってくれました。
DSCN3981_200.jpg雨が止んだので、帽子を被り玄関前の広場で遊びました。ボールやフープなわとびがありほとんどの子がそれらで遊んでいたのですが、以上児の子ども達が平均台に取り組んでいるのを見て興味津々の子が何人かいました。「一緒に平均台する?」と声をかけると嬉しそうに「うん!」と返事があり恐る恐る足を乗せていきます。一人では登るのが難しい様だったのですが、片手を支えると自分の力で登り真っすぐに前を向いて歩くことができました。
時々フラフラしながらも何度も何度も平均台を渡っていました。平均台の隣では、以上児の子が平均台よりも難しい、渡るところが丸い棒状になっている平均棒に挑戦していました。以上児さんでも難しいようで、何回も落ちながらもあきらめずに挑戦している様子を見て、「お兄ちゃん達すごいね」と憧れ気持ちで応援していました。

                1歳児ゆき組担任