So-net無料ブログ作成

神社の境内で遊んだよ [たかお日記]

北風が吹きましたが、太陽の日差しもあり、ゆめ組の子ども達は水分神社へ散歩に行きました。行きはみんなでバギーに乗り景色を見ながら賑やかにそれぞれがおしゃべりをして楽しそうでした。水分神社の鳥居の側に菜の花畑があり畑いっぱいに黄色の菜の花が満開になっているのを見つけ、保育教諭が菜の花が綺麗に咲いていることを伝えると、子ども達も目を向けて「おはな・おはな」と言葉にしていました。水分神社に到着すると、大喜びで境内の広場で石拾いや石並べをしたり、灯篭に並べてみたり、拾えるだけ手に持つことを繰り返ししたり、お気に入りの石を見つけたりとよく遊びました。境内は風を遮るのか、ほとんど北風を受けることなく日受けもいいので暖かくてとても過ごしやすかったようです。DSCN4277_200.jpg石拾いの合間には、石の塀の隙間から景色を見ては高い場所にいる事を感じるのかびっくりした表情を見せたかと思うと、にっこりと笑って友だちのいる所に戻り再び石拾いをし、大きな切り株も乗ったり石を詰めたりするのにとても良く、熱心に切り株に詰めたり出したりして楽しみました。帰り道は、誘導ロープを持って歩いて帰る予定が、バギーに揺られて景色を見ることが楽しかったのかほとんどの子ども達がガタゴトと揺られながら帰り、残りの4人と保育教諭で春の歌を歌いながら誘導ロープを持ってのんびりと歩いて帰りました。
               
               0歳児 ゆめ組担任DSCN4277_200.jpg